我が道/83歳の誕生日を迎えて

あと何年生きれるのだろう?・・・誕生日を迎える度に考える年齢になった

 一昨年まではよき友に出会ったりして、ライフワークとしている”地域の活性化“らしきことに取り組むことができ、長年貯めた自分のスキルで少しでも役に立つように活動してきたが、コロナ禍で活動が中断してしまった。

 ずいぶん前に、「スマホを使えない人は、将来生活弱者になる」という記述に出会って、“地域の活性化”を具体化してスマホを使えるようにするために、2020年2月に「スマホでつながり発見隊」という企画を計画し活動開始の準備をしていたが、コロナ禍で不要不急の外出自粛を始め、もう1年以上も引きこもり状態でいる。

 高齢者の引きこもりは心身共に弱体化を引き起こし、何とかしなくちゃと「脱炭素社会」をテーマに調査を進めているが、テーマが大きすぎて前に進めなくなってしまった。

 そこで、改めてライフワークと考えていた「スマホでつながり発見隊」に戻って、計画を練りなおしたい

1.企画を平易に作り直す

「スマホでつながり発見隊」の活動ができないので、活動を想定してネットに発表したが、 気持ちが入りすぎて理屈っぽくなった。このままでは皆さんに理解して頂けないと思われるので、わかり易いものにする

2.説明用パンフレットの作成。

利用テーマ毎の分かりやすい説明用パンフレットを作成し、スマホで見やすいネット記事を発信する。

3.説明用パンフレットの内容をYoutubeで発信する。

作成した説明用パンフレットの内容で操作する動画を撮影し、Youtubeに投稿する。

4.スマホ利用相談屋台出店を計画する。

スマホの利用は仲良くなることが一番、「スマホと仲良しになるお手伝い」を計画する。