今八幡宮の大きな檜、あの下へ行きたい。

暴飲暴食が祟って十二指腸に穴が開き、4月4日から山口日赤病院に入院中。

手術がきびしい場所で自然治癒を薦められ、大賛成してもう一月近く過ぎた。

その間、桜は散り、元号は平成から令和にー

鼻に通した管が外され、ぶら下がっていた点滴も3本が1本になり、しかも昼間の6時間に短縮された。     点滴支えの相棒を、同伴無しで歩ける快適さ。

20日近く続いた完全絶食から、水とお茶だけ、どこに米があるか分からない粥、五分粥、全粥へ、お米の香りやうまさを沁々と味わう。

元号の移行に併せ、平成天皇の思考と活動努力に肝銘、自分も日本人の一人としてこうしてはおられない、最後の社会奉仕を何か一つでも考えたい。

スマホで交流「ルピナスの会」の企画を開始、シルバー世代が生活弱者に成らないために ❗️

高齢者の重大事故が続く、他人ごとではない ❗️    自家用車を廃車にする断捨離を大決心 ❕

長期入院して初めて知ったことだけどー     

病棟で働く人たちの努力には頭が下がる。身を粉にして働くとは、正にこの事だ ❗️

何でもかんでも経済/経済と、お金のことを先に気にするエコノミックアニマルだが、此処にお世話になって、共に生きることを先に考える。

病院だからあたりまえと言われるかもしれないが、それは違う! 自分だけでなく、共に生きるという強い意志だ ❗️

この経験を活かし、残り少ない人生を、納得できるものにしよう🙋🙌🙆