同窓会は楽しい

大学卒業50周年の同窓会が湯河原であった。
最初は、誰か一瞬分らない人もいたが、直ぐに昔の顔に見えてくる、不思議なものだ。
宴会では、カラオケなどしないで、近況報告と歓談で予定時間を延長し、また一部屋に集まって12時近くまで、話が続いた。
その間、少しずつではあるが飲み続け、量としては近年にない量を飲んだが、身体も若返ったのか?翌日に全く残らなかった。
翌日、ゴルフ組と散策組に別れ、夫々楽しんだ。
散策組は、湯河原からバスで箱根町まで行き、関所跡を見学し、箱根町港で海賊船に乗り、元箱根港で「はぐれ組」と合流して桃源郷へ、其処で食事をして大涌谷へ、真っ黒い温泉卵を土産にして強羅駅に、そして小田原駅で解散した。
新蕎麦のもりを食べれなかったのは残念であるが、楽しい一日であった。
それにしても、海賊船内や大涌谷の外国人の多さには驚いた!顔で見分けが付かないが言葉が違ってそれと分る。
アジアの人々と仲良くすることの大切さを学んだ一日であった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんなに青空があるのに、富士山には会えなかった、残念!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください