とくぢ さんさまつり


先日、さんさまつりが開催され、
その出店に「大きなおむすび」をつくって食べれる
ワークショップがありました。

奇兵隊 徳地ビックリおむすび

幕末、奇兵隊は幕府の諸隊解散命令を拒否して
山口市徳地に転陣し、半月余りの間訓練して、
その2ヵ月後には、
高杉晋作等と共に進軍して行きました。

その時の、250余名の武装した若者たちが
徳地に転陣して来た様子を徳地の人々は
次の俗謡で言い伝えています。

聞いて恐(おそ)ろし、みて恐(こわ)し、
添うて嬉しや奇兵隊

その時の山県有朋率いる奇兵隊は、
隊士規則「諭示」を掲げ、規律に従い、
農民の利益を守る集団であることを、
徹底して見せたと伝えられています。

その行動は徳地の人々の心を動かし、
堀地区の八ヶ寺で転陣を引受け、
その檀家と農民は炊き出しをし、
様々に隊士をもてなし、
支援したと伝えられています。

その「諭示」は八ヶ条からなり、
その最後の条は、次のような内容だったようです。

「私たちが推し進めようとすることを広く知らしめるには、
人の心をつかむことが大切です。
人の心をつかむためには一人一人が自覚して
人間(ひと)としての行いをとり、
その行いに心動かされて人々が見習う様にしなければ
いけません。 -と・・・

奇兵隊隊士が駐屯した八ヵ所のお寺の夫々で、
一寺で一条を 想像しながらよみふけり、
当時の隊士をしのんでみたい、
そんな気持ちでいっぱいです。

今の乱れた日本人にこの「諭示」を、
是非学んで欲しいものです。