トレッキング

八十八、徳丈の峠徳城往還を歩く「津和野百景図」に八十八番「徳丈の峠」があり、峠の茶店(伝茶屋跡)らしき処から「青野山」と海に浮かぶ「高島」の絵が描かれている。
地図上で見ると、このように正面に並んで見えるようなことは考えられないが、実際にはどのように見えるのだろう?と大変興味があった。

 

樹木の上から高島を望む実際に現地に立ってみると、樹木が生茂り地上からは見えないが、木に登ると両方見えるということであった。木登りは子供の時から苦手で、現在は2メートルの高さ迄でも不可能である。
実際に登った人から聞くと、両方見えたそうだ。
もし、樹木がなければ、多分左に「青野山」右に「高島」で、ちょうど南北一直線になる位の位置だろう。
樹木越しの青野山20160512その後、青野山が樹木の隙間から何とか見える所へ連れて行って貰って、満足したトレッキングとなった。


特城往還トレッキングを終えて小瀬から枕瀬へ帰る途中、高津川河畔から見る、対岸の山の小さな尾根の重なりが余りにも綺麗なのでバスの車窓からビデオに撮りました。
バスの中の会話が一部入っています、お聞き苦しい点はご容赦ください。