70代になって2回目の免許更新

70歳代になって2回目の免許更新に行った。
前回の更新から3年の間、全くハンドルを握っていない、止まっている車にもである。
70歳になった時、満タンにしたガソリンが半年近く経っても無くならない程、利用せず、
家内の事故警戒の忠告と、少々経済的な理由もあって、
駐車場を解約し、車を売って、
「70歳になったからもう車の運転はしないのだ」と、
残念さを誤魔化していた。
振り返ると、それは正解であった。

横浜市では、70歳以上になると「敬老特別乗車券」があって、
市営地下鉄、市営バス、横浜市内を走る神奈中バス、など
¥8000円で一年間乗り放題、
自宅から7・8分足らずでバス停に行け、どこに行くにもほとんど苦労せず、駐車場を探す手間も省け、
雨の日、重いものを持った日、などタクシーを使えば・・・と思ったが、
結果としては一度もそのようなことは無かった。
では何故?今又免許更新?、
現役を保ちたい!という願望と、
何時何処で何が起こるか分からないご時世のための気休めと、
更新出来たという喜び、の為だろうか??