「市街地の再活性化」H12,10,30

まちづくりワークショップ「市街地活性化」へ投稿

賑わいある市街地の3っの条件

1.訪ねて行かなければならない条件づくり
 郊外のスーパー等にない条件づくりとして、
高齢化・少子化が進んでいる地域で最も大切な施設を市街地に誘致する。

⓵デイサービス&老人ホームの誘致
 高齢者の方々は市街地に住んで頂いて、訪問者が容易に訪ねられる様にする。

⓶保育所&幼稚園の誘致
 お母さん達が送り迎えされるとき、ちょっと時間潰ししたり、買い物を楽しんだり。

⓷市民市場の誘致
 地元の安全な野菜など、一般市場に乗らない物産の自由市場を設ける。

2.ウィンドウショッピングの楽しい街
 ウィンドウを飾り楽しむための施策を施した街づくりを実施する。

⓵新人デザイナーのショップ誘致
 ウィンドウを2週刊毎に変えることを条件に期間限定の出店助成を行う。
特に、芸術文化センターにファッションが採用されるのであれば、それを活かしたイベントを盛り込む。

⓶意欲ある人に借地料の優遇措置を行う
 ウィンドウを切り替える条件で、借地料の期限付き補助を行う。

3.四季折々を演出する緑のまちづくり
 ご当地は緑が沢山あるように感じている人がおられるかもしれませんが、緑が見えるのは荒れた山肌で、
都市部と比較すると全く無いと言っても過言ではありません。

春には萌える若葉が、夏には涼しい木陰を、秋には落ち葉舞う紅葉を、
冬にはライトツリーを提供するような並木が立ち並ぶ、歩く人を対象にした道づくり、
ちょっと道草を食いたくなる溜まり場づくり、
オープンカフェのある街角、ちょっと洒落たパン屋さん・・・・

などなど、立ち並ぶ街並みが、お店が、・・・・
みんな街の賑わし役者、
そんな街並みを演出するグループづくりが出来たら、
是非私も仲間に入れてください。

この街は高齢化が進んでいます。
車の運転の相応しくない人が沢山運転されています。
危険がいっぱいです!
公共交通を充実することを長い目で考えてください。
今自分で運転している人の数十パーセントが直ぐに危険人物になります。