イチローさんは、野球選手の中で尊敬する、最も忘れられない選手だ。
彼がプロ野球に入団して3年ぐらい経ったころだろうか?大阪で全国バッティング場協議会の会合に招待選手として出席され、サイン会や会食を共にしたことがある。
会食の席で、「子供達がイチローさんのバッティングホームを習いたいと言っているが、どのようにしたら良いでしょう?」と、直接質問をしたところ「未だ身体が出来ていない子供には奨められません」と控えめな回答を頂いたことと、握手した時の彼の手の厚さは、今でも昨日のように覚えている。
シアローのマリナーズに入団されたときも、私がアメリカへ降り立った最初の地域で、何と無く嬉しかった。もちろん私が行ったのは昭和40年前半のころで、まだ野球のことには興味がなく知らなかったが・・・
その後、世界的に素晴らしい記録を打ちたて、私が「最も日本人として誇れる人」と思っているように、今は大きく成長をされている。
最近、ちょっと以前のようにはないようだが、ヤンキースでもう一花咲かせて欲しい。
そして、速めに日本に帰って、日本の人々に、「日本人魂」の持ち方を教えて欲しい。
怪我をしないように励んでください、ずっと、ずっと応援しています。

写真は協議会で一緒に写ったものがあるが、残念ながらブログでは発表できない。サインは2枚頂いたが、当時の会社で誰かが持ち去ったようだ。